自動車保険について知ろう!

日本損害保険協会の公開している2011年3月末のデータで、任意の自動車保険の加入者は7割程度と、まだまだ加入していない車も少なくないのが現実ですが、実は自動車保険の加入者は増加傾向にあるそうです。その理由の一つに『自分で選んで、納得して保険を契約できるようになったから』という理由もあるのではないかと私は思っています。今や自動車の保険は、ディーラーや保険会社の担当者と長時間話して決めるものではなく、週末などの時間を利用して、自分自身で決める時代になりました。
そうした環境になってきた理由のひとつに、インターネットの普及があるのはもちろんですが、それ以外にも保険の自由化によって、様々な保険会社が新しい保険の開発に力を注いできたことがあるように思います。
自賠責保険では、万が一事故に遭っても自分の怪我や、相手の財産に対する補償ができません。節約のために加入していないつもりであっても、事故に遭ってしまった時のことを考えると、任意の自動車保険に加入しておくということは、自分の身を守るためにも必要なことだと言えます。
なるべくなら、任意の自動車保険に加入しておきたいと思っている人にとって、何がハードルになっているかというと、自動車保険についての十分な知識がないことからくる気持ちなのではないかと思います。しかしそれは、保険に加入している人でさえ、営業担当者が自分にピッタリの保険を売ってくれているという自信が持てる人は、少ないと思いますので、実際にはより多くの人にとって、自動車保険は難解で理解できないのに多くのお金が消えていくものだと思われているのではないでしょうか。

保険は日々新しいものが生み出され、まさに日進月歩の世界ですから、自動車保険の営業担当者が素人だったときに、研修などで習う内容を全てこちらで解説するというのは難しいです。しかし、どんな会社の保険であっても、同じ『自動車保険』である以上、補償内容や言葉などは似ている、又は同じものであるということも事実です。
もし、なるべく特定の企業ではなく、多くの企業で採用されている普遍的な情報で、自動車保険について知ることで、どのような保険会社の商品でも理解できるようになれば、自分自身で自動車保険を選べるようになるのではないかと思って、なるべく分かりやすい言葉で解説するように心がけました。
一度理解してしまえば、一生使える知識です。是非こちらで自動車保険について理解を深めていってください。

Copyright©2012 stateofrock.net All rights reserved.